自由な毎日を手に入れたい

消費者金融は怖いです。

消費者金融は現在ではメジャーな会社自体が破綻したりして数は減っている傾向何でしょうがインターネット等の普及に伴ってブラック、小規模金融は逆に増えているんではないでしょうか。

 

メジャーな消費者金融はテレビコマーシャルで低金利、お試し期間金利0などとサラ金といった暗いイメージ払拭に努めていますが基本的に昔からのサラ金となんら変わるものではないと思います。だいたいこの消費者金融に手を出すきっかけは自分の使えるお金だけでは足らなくなった人が他人に知られずに借りるというものです。

 

いろいろな理由によって借りなければならない事もあるかもしれませんが、そのほとんどが返済に不安を抱えるような事柄に原因があります。最初に借りるお金は少なくとも気が付けば限度額いっぱい、返済のためにまた別の消費者金融へと向かっていくのがよく聞く話です。私は消費者金融で不思議に思うことがあります。

 

それぞれの会社の繋がりというか債務者情報などがどのように流通しているのか、どこがそのデータを管理してるのかということです。一度この消費者金融を利用したら最後、提供した自己データはどこにどこまで伝わってしまうんでしょうか。

 

考えてみると恐ろしいです。テレビコマーシャルでお馴染みの消費者金融同士がこんなデータを共有して、多重債務者の状況を知り、せっぱ詰まった資金繰りに一般金利よりもさらに高い金利で貸し付けていたとしたらそれはもうクリーンなイメージはなく債務者増やしをしているだけです。消費者金融は怖いです。

 

お使いになるときは早期に完結できる計画をお勧めします。

費者金融の提供するカードレスキャッシングとは?

消費者金融のキャッシングと言えば、通常はキャッシング用のカードを使ってATMから行う現金の引き出しや返済を行うという利用方法になりますが、プロミスやモビットではこのカードの発行のないキャッシングを選択することができます。

 

カードが無いことで利便性が心配になるかも知れませんが、カードレスキャッシングを提供している各社では、それぞれこの点を補うサービスを用意しています。

 

まず、プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に限り、24時間いつでも瞬時に振込で借り入れが行えるサービスを行っています。これらの銀行の口座まで借り入れを行った後はその銀行のカードで引き出しが行えるので、別にキャッシング用のカードを持たなくても銀行のカードだけでキャッシングを利用できるという利点にもなっています。

 

そして、モビットではスマホ用の専用アプリを利用すると、スマホがキャッシング用のカード代わりになる画期的なサービスの提供を始めました。このサービスを利用すると、銀行のカードさえ持って歩く必要がありません。利用できるコンビニは現在ではセブンイレブンだけですが、カードを持たずにATMから借り入れが行えるというこの斬新なシステムは、業界でも注目されています。

 

このように、カードレスキャッシングは一見不便に思えますが、カードを持ち歩く必要がなく、それによって紛失してしまう心配が無くなるというメリットもあります。上記のようにデメリット面を解決するサービスの提供も行っているので、特に不便ということはなく、むしろ、新しい時代のキャッシングの形なのかも知れません。カードレスにこだわらなければアイフルもオススメの消費者金融です

台湾ラーメンをようやく食べることができた

名古屋名物の台湾ラーメンというやつをだいぶ前に一度食べてみたいと思ったのですが、近くに台湾ラーメンが食べられるお店がないかと検索しても、近くのお店で食べられるところがぜんぜん無いみたいでした。

 

そしてある日カップラーメンの台湾ラーメンを売ってるのを見つけたので、台湾ラーメンは一応食べることができたのですが、台湾ラーメンを食べたいと思ってから二年くらい、ちゃんとした台湾ラーメンを食べたことがありませんでした。

 

そして先日食べログでわりと近くにある新規オープンしたある中華料理屋の写真を見たら、そこに台湾ラーメンの写真があってこれはもう食べに行くしかないと思い、これでようやくカップラーメンではない、ちゃんとした台湾ラーメンを食べられることになりました。

 

醤油味のスープと麺の上にもやしと細かく刻んだニラと辛く味付けしたひき肉が乗った、オーソドックスな感じの台湾ラーメンで、台湾ラーメンは辛いというイメージが強かったので、だいぶ辛いものなのだろうかと思ったて食べたらそうでもなく、イメージとは少し違う味でした。

 

台湾ラーメンはまだこれだけしか食べたことがないのでわかりませんが、辛みは強いものと普通のものどちらが一般的なものなのでしょうか?

 

辛さのイメージは違いましたが、あまり辛くない方がよかったので、スープも全部飲みきって美味しくいただきました。

 

また機会があったら食べたいですが、このお店以外の台湾ラーメンを食べてみたいです。